仮想通貨、クラウドファンディングの運用成績について 【第2回】 2021年8月

クラウドファンディング

ダブルです。

今日は仮想通貨、クラウドファンディングについての運用成績について書いていこうと思います。

再度急上昇をはじめたビットコイン

ビットコインは4月に高値6万4900ドルをつけてから、56%安となる2万8900ドルまで値下がりしました。

そこから最近になって一時4万ドルまで回復する場面がありました。

これはツイッター社のCEOが「ビットコインをツイッターのサービスに導入したい」との意向を示したことやテスラのCEOイーロンマスクが、自ら率いる宇宙ベンチャー企業のスペースXのビットコインの保有と売却予定がないことを明らかにしました。

さらにアマゾンが年内にはビットコイン決済を導入するとの噂が広がるなどビットコインにとって明るいニュースが報じられたことが上昇材料となりました。

今後も継続して保有していく

このようにビットコインはまだまだボラティリティが高いのですが、変に売ったり買ったりせずとにかくそのまま保有し続けたいと思います。

私は現在0.5BTCを保有しています。現在は追加投資はしておりませんが、ビットコイン保有している理由は、老後の資金を投資信託で作りつつもビットコインでそのゴールを少しでも早められたらと考えているからです。

ただし何も危ない橋を渡ってたどり着くのではなく、ポートフォリオの5%までなどとルールを決めて、自分のリスク許容度の範囲内で投資していきたいと思います。

これは仮にビットコインが暴落して半減してしまっても、ポートフォリオ全体に与える影響は2.5%しかありませんので気持ち的にも楽になると思います。

ただし少しずつ上昇したことを考えると、どこかのタイミングで毎月の積み立てをしながらもう少し保有していきたいとも思います。

バイオマスファンドに7月15日追加投資

クラウドバンクを通じてバイオマスファンドに追加投資しました。

その詳細記事はこちら

これらから現在配当金が出ている案件を保有しているクラウドバンクファンドは1種類となります。

2021年3月~ 準備期間を経て4月から運用開始 

100万円投資 配当金は現在15,612円 利回り5.9%

※償還金32,258円がありました。

一部償還金がありましたが、順当に配当金ももらえているので、また新たな案件に期待しつつ、今月の見守っていきたいと思います。

まとめ

ビットコインに対しては、ニュースをしっかりと見ながら今後も継続して保有し続けていきたいのと、ボラティリティが高いので積み立て投資を実行していきたいなと思います。

積み立て投資をするメリットは、価格に惑わされないということになります。

どうしても安い時に買いたいのですが、それを待っているといつまでたっても投資できなかったり、上昇し続けてしまい、買うことができずビットコインの波に乗れない!!ということを防ぐことができます。

またどんな投資家もボラティリティを完璧に読んで購入することはできませんし、皆さんもそんなにビットコイン価格ばかり見つめている時間もないと思います。

ちなみに私はビットコインに投資する際には「コインチェック」を利用しています。

「コインチェック」はマネックス・グループの傘下に入ったことで安全面で信頼できますし、サイトも見やすく使いやすいのでオススメです。

一応こちらに 「コインチェック」 のリンクを貼っておきますので興味のある方はぜひ、チェックしてみて下さい。

コインチェック

また私はクラウドファンディングには「クラウドバンク」を利用しています。

「クラウドバンク」は元本割れが一度もありません( ※2021年6月時点) し 、案件も多く、少額から投資ができますのでオススメです。

こちらもリンクを貼っておきますので興味のある方はぜひ、チェックしてみて下さい。

クラウドバンク

今後もしっかりと勉強しつつ、継続していきたいと思います。

ビーハッピー

オックスフォードキャピタルレター

良かったら、ポチお願いいたします


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました