投資信託の運用成績について 【第2回】 2021年8月

投資信託

ダブルです。

今日は投資信託の運用成績の2021年7月分を公開していきたいと思います。

前月はこちらからどうぞ

投資信託の現状を公開

投資信託については、2021年2月より開始しております。

2021年8月1日時点での結果がこちらになります。

合計の含み損益は+747,694円 含み損益は6% となっております。

前月比といたしましては、ー168,864円となります。

個別銘柄で振り返ると

  • S&P500インデックスファンド  前月比+96,195円 
  • 先進国債券インデックスファンド   前月比+15,967円
  • 新興国株式インデックスファンド   前月比-291,932円
  • 新興国インデックス         前月比+12,585円
  • ゴールドインデックス        前月比+22,725円

以上のような結果となりました。

現状結果を振り返る

今月の結果と先月の結果を振り返りたいと思います。

まず始めに前月比-291,932を叩き出した新興国株式インデックス。予想以上に下がってしまいましたが、より新興国株式の難しさが浮き彫りとなりました。

中国政府の取り締まり強化などで大暴落してしまった新興国株式は、逆今が仕込み時かなと思い更なる積み立ても考えておりますが、やはり今後も政府の力次第で簡単に暴落してしまうことを考えると注意が必要だと思います。

またテーパリングで暴落も意識されている中でもS&P500は上昇し続けております。損益前月比

+2.14%と開始以降損益も+16.96%まで上昇してきました。しかし、これにもまだ正式にテーパリングを公表していないことも考えると、楽観的にはならず新たなる情報取集を続けていきたいと考えております。

また夏場に強いゴールドも米国株式市場の上昇と共にまだまだゆっくりと推移していることから仕込み時期が伸びているのかなと思えます。

現在の投資ルール

現在の積み立て設定状況は以下の通りです。(毎日1万円投資)

SBI・V・S&B500   10%

雪だるま(新興国株式) 10%

三菱UFJー国際ーeMAXISSlim先進国債券インデックス 40%

大和ーiFree 新興国債券インデックス 10%

三井住友TAMーSMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジなし)30%

先月より一部変更しております。

まずS&P500は一部ポイントゲットのため、三井住友カードを利用し始めました。なのでそちらは月5万円の積み立て投資に変更してその他が上記のようになります。

とはいっても毎日の積み立て投資は、債券とゴールド多めに設定しております。

やはり1番の理由はテーパリングによっての暴落時に備えること。なので調整できるところは少し動かしてみております。

この1~2か月は特にこの状態が続くのかなと考えています。

まとめ

今回の結果をまとめると、新興国株式インデックスが暴落しました。その一方で米国株式市場はテーパリングが意識される中でも、上昇し続けていることを考えるとやはり誰にも未来は予測できないということがわかります。

またそんな中で投資を暴落してから考えようや、情報収集ばかりに時間をかけていると機会損失を受ける可能性があるんです。

現に私は昨年の暴落時に投資していたわけではなく、今年になってから投資を始めました。昨年投資していれば思いましたが、気づいた時点で始めなければ、もっと上昇するかもしれないし銀行に預けておくよりいいだろうと考えました。

なのでどんな有名投資家でもベテラン投資家でもわからない世の中を、あなたが暴落を待つことなんてできないのです。

またそんな人は暴落がきても暴落と判断できなかったり実際に暴落中に投資するのはとても怖いことでできないはずです。

なので初心者は初心者らしく、気づいた時から積み立て投資をしていくことが賢明だと思います。

また現在はビットコインが再上昇しています。一度暴落した結果を考えると上昇していくことも考えられますし、これから仮想通貨が決済に使われていく未来もあると考えられますので、将来に投資してみるのも面白いと思います。またビットコインも積み立て投資できます。

ただビットコインはボラティリティ(上がり下がり)が高いので、少額から始めることをお勧めします。

ビーハッピー!

利用中口座は下記からどうぞ

ダブルが利用中の安心な仮想通貨取引所 コインチェック SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

良かったら、ポチお願いいたします


積立投資ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました