経済的自由を目指してるが、その先にあるのは

投資信託

ダブルです。

今日は私が人生の目標に置いている、「経済的自由」を達成した時に待っていることを妄想してみたいと思います。

人は何も考えないと考えないなりの人生になってしまいますが、考えることで達成感や幸福感を得られると思うのです。

今の仕事にこだわらなくて良い

私は現在サラリーマンという位置に属しています。

ただそれは一生続けていくつもりもなく、いつかは独立してみたいとも思っています。ただ家族もいますし、転職も4回ほど経験してきて今は落ち着きたいというのが一番の目標。

現在の会社はリモートワークも充実していますし、給料も安定し、休みもしっかりともらえています。

そんな中で経済的自由を目指しているのは、やっぱりメインの仕事しかないと、それが崩れたときに収入減がなくなり、負の考え方のスパイラルに陥るケース多くなると考えています。

例えば、妻が専業主婦の人は夫の収入がなくなると急に妻が働かなければならなくなったり、子供が大学や高校に行きたいのにいけない!!なんて可能性も出てくると思います。

そんな時に経済的に安定していれば、問題がなく、自分自身の心配のひとつが減るのではないかと考えています。

また今の仕事にこだわらないことで、本当に好きな仕事に出会えたり、今の仕事にもっと感謝するようになったり、色々な気持ちの変化も起こると思っています。

それは心に余裕が生まれることで、違うものの見方になると考えられます。今現在は経済的自由はまだ達成していませんが、投資信託や配当金をもらうことを少しずつ始めてから、今の仕事にも更に感謝できるようになりました。

今でこそ心の余裕が少し生まれたので、今後経済的自由を達成することで本当の意味で余裕が生まれる自分が想像できるようになりました。

家族との時間がたくさん増える

正直これが一番大事だと思っています。

これは人生にはある程度生きていられる時間が決まっていると本当に毎日思っています。その時間をどう過ごすかで死ぬときの満足度が決まると考えています。

毎日ニュースでは災害や混乱が起こることが多いです。ただそんな、現代で生きていられることの嬉しさや感動を日々感じています。

そんな中で一番大事な家族との時間を増やせる方法があるというのが経済的自由だと思います。

私は今までの人生で仕事しなければ生きていけないと思っていました。ただそれだけではないことに気づきました。経済的自由が家族とのかけがえのない時間を作ってくれること。

最低限の生活さえできれば、子供の成長だって365日見ることが可能ということです。

人生は一生一日。これは一日は誰にとっても一日で今日は今日しかないのです。どんな人にも1日は戻ってこないので、家族との時間を少しで増やす方法が経済的自由なのかなと考えます。

その環境下で何かが起こる

さて、ここまで書いてきましたがこのブログをご覧になっている方にはこう思う方もいるかもしれません。

・仕事をやめたら仲間がいなくなる

・友達はみんな仕事している

・働かなくなったらつまらない

上記の考えは良くわかります。

私は転職で次の職場に入社前まで何か月間か働いていないことがありました。その時、主夫という経験をしました。

それはそれで不器用ながらやらせてもらいましたが、奥さんの大変さを肌で感じましたし、働いてなくてもかなり楽しさもありました。この経験はしてみないとわからないものですが本当です。

またその時もその時でいろいろな出会いがあり、助けて頂いたりと誰とも話さないことはなかったです。

また転職する際にいろいろな人のことが頭に浮かびましたが、私の人生ですし、その度に本当に多くのひとが応援して下さりました。それも感謝しかないです。

ただどんな環境下でも必ず神様は見ていてくれて、必要な人との出会いや縁をつなげてくれていることを感じました。

とはいえ、本当に大事な人はその仕事でなくても今でも繋がっていますし、繋がってなくても感謝してますし、たまたまあった人でも話しかけてくれたりと本当にありがたいです。

このように「経済的自由」を達成したらしたで、新しい出会いがあるのだなと楽しみに感じています。

人生には目標が大事で、生きる活力にもなるので、達成したらしたなりのまた新たな目標ができることも楽しみのひとつです。

まだまだ始まったばかりですが、投資しながらこういう楽しいことを考えながら、ステップアップしていきたい。皆さんにはどういった目標がありますでしょうか!?

ビーハッピー!

良かったら、ポチお願いいたします


積立投資ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました