良くなったと思ったらそうでもない状況が続く【ダルビッシュ有】を占いで解説

日本人メジャーリーガー占い

今日は現パドレス所属のダルビッシュ有選手の大リーグ成績を振り返りながら、今後の活躍も占っていきたいと思います。

ダルビッシュ有のプロフィールを見ていきましょう!

ダルビッシュ有 

生年月日 1986年8月16日

大リーグ所属球団

  • レンジャース 2012年~2017年シーズン途中
  • ドジャース  2017年シーズン途中~
  • カブス    2018年~2020年
  • パドレス   2021年~現在

いつも応援ありがとうございます!良かったら、ポチっとお願いします☆彡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

良いタイミングで海を渡った!2020年も運気通り良かった!

ダルビッシュ有選手は六星占術でみると、火星人(+)になります。そしてメジャーリーグでの初めての球団、レンジャースに入ったとき(2012年)の運気は安定ととても良い運気になっていました。

その運気通り、2012年の成績は16勝9敗と2桁勝利を成し遂げ一躍世界のダルビッシュとなりました。

そこから大殺界入ってもしっかりと成績を残していましたが、2015年の大殺界最終年、減退でのトミージョン手術を受けることとなりました。

2015年は登板することもなく、2016年の種子に復帰することとなり7勝5敗と見事に復帰することができました。

そこから期待のかかる2017年途中に当時優勝争いをしていた、ドジャースに移籍することとなります。

見事ポストシーズン初勝利などいい形になってきていましたが、運気が緑生ということもあり、その後のワールドシリーズでは防御率21.60と3イニング以上登板した投手の中でワースト2位となる成績。チームも3勝4敗と期待に応えることができず、11月にFAとなってしまいます。

2018年にはカブスとの6年契約が決まりました。これは立花という運気の後押しもあり、素晴らしい活躍になるかなと思った矢先に、右ひじを再度故障してしまいます。

結局このシーズンは途中で登板がなくなり、次の年にも小殺界のせいか、あまりぱっとする成績を残せない日々が続いておりました。

そんな中2020年の達成という運気には、ご時世的に試合数も限られる中で2桁勝利とはならなかったものの、8勝3敗防御率2.01とダルビッシュの持ち味を存分に発揮した素晴らしいシーズンとなりました。

ぎりぎり達成の2020年12月にパドレスに移籍。心機一転で2021年シーズンに臨むこととなりました。

2021年は乱気という、精神的に疲れてくる運気。これをどう乗り越えていくかがポイントになると思います。

背番号にも後押しされている!?

今度は数秘術を使用してみていきたいと思います。パドレスに移籍したダルビッシュ選手の背番後は11番

この「11」という数字は、ピュア、素直、天の恵み、先見性、知性、回転が早いなどという優れた吉数になります。

心に曇りがなく、子供のようにピュアな性格で大きな幸運を掴むともいわれております。また、誰に対しても誠実で素直に接するその態度は、多くの人を魅了するというのも11の特徴となっております。

これは大谷選手も日本時代にダルビッシュ選手の後に付けていた番号でありますが、二人とも野球に対してとても素直でピュアな印象があります。

またどちらも素晴らしい選手で、天の恵みや回転が早いなど当てはまる部分が多いように思われます。

しかしドジャース時代に付けていた番号は「21」

こちらの21番はキャリア志向、センス、実力発揮、モテるなどといった吉数になります。

ダルビッシュ選手から見れば、すべてこの数字にはてはまるような気がしますし、いい番号をチョイスしてきたんだなと思います。

その後も、11番をずーっと背負っているので番号の後押しももらっているのではないかなと自然と考えられます。

まとめ

今回の内容をまとめると、ダルビッシュ選手は運気や番号にも後押しされながらもメジャーリーグで活躍し続けられていると考えられます。

まずは大リーグに入った時の運気や、初めからダルビッシュ選手の良さを発揮できたこと。そこから大殺界中の手術なんかもあり、少しずつ回復してきていると思われます。

背番号から見ても11番という吉数を付けていることで、今後も活躍の場を広げていったり、好成績を残せると思います。

ただし今年は乱気ということもあり、調子の乱高下や、序盤にいい投球をしていてから中盤や後半にコロッと見違えるような乱れがでたりと、気持ちを保つのに難しくなることが多いです。

それでも来年から3年間は幸運気になりますので、今年の乱気をどうにか乗り切って、来年からの更なる活躍を期待したいと思います。

筆者は何気に既に来年日本に帰ってきたら嬉しいなと考えております!!これは来年再会という運気に入るので、日本に帰ってくる絶好のチャンスでもあります。メジャーでも間違いなく活躍してくれると思いますので、応援していきたい思います!!

参考文献は以下になります。

※この本を読んで自分なりに解析、自分でもよく活用して行動したりしています。あくまでも個人的見解と趣味の範囲なので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました