転職で悩んだらこれを見て下さい!!本当に転職するべき人の特徴

転職

ダブルです。

今日は転職すると意気込んで、本当にするべきか悩んでいる人に向けて、転職するべき人の特徴を解説したいと思います。

転職するべき目的がはっきりと明確であること

まずはじめの特徴は、転職する目的がはっきりと明確な人です。

これは少し立ち止まってしっかりと自分を見つめ直した時に、なぜ転職するべきかをわかっていないと後悔してしまう可能性があるからです。

そしてそれ自分が本当につきたい職種や業種をしっかりと把握できていない可能性もあり、最悪の事態に陥ってしまうこともあるのです。

実際に私自身も転職する際に、あまり興味のない業種を面接した時にはなんでもかんでも受かろうとするあまり、焦って面接に落ちてしまった経験もあります。

まだ私の場合は落ちて、自分を振り返り本当に必要な会社だったのか!?いきたい会社だったのか!?を振り返ることもできました。その時気づいたのが、このまま受かってその会社に行っていたら、確実にやめていたなと感じました。

それは私がその仕事に興味がなかったからです。ただその時の私は受かろうと必死で自分を見失い、やりたい仕事ではないところを受けていました。

それは面接の経験としてはいいのですが、やはり転職するからにはしっかりとした目的が必要だと改めてその時気づきました。

転職することで収入アップを狙っている

現代の転職は企業が人材を求めているので収入アップが狙いやすいです。収入アップのみを考えているなら、確実に転職は良いと思います。

ただその時は先ほどの転職するべき目的は明確にし、自分のやりたいことで転職をすることで入社後もどんどん活躍し収入アップにつながっていくと思います。

他の人がやりたくないことも自分がやりたいことであれば目立つし、必ず誰かがしっかりと評価してくれます。

これがやはりやりたくない仕事だと、転職しても生産性は上がらないのでどんどん気持ちも減退していき、働く気も失せていく傾向があるからです。

また面接時には必ず収入の交渉した方が私は良いと思います。

収入を求人票のとおり貰えるだろうと聞かないで後悔したり、トラブルになっている人を何人も見てきているので、しっかりと確認は大事!!

現在の社風が合わない

これは致命的なことです。やりがいのある仕事でも人間関係や社風が自分に合っていないならば、必ず転職するべきです。

人生において一番大事なのは生きること。

生きるために仕事は必要な道具でありますが、それがストレスになることはこれもまた生産性を下げてしまうことにつながってしまう可能性があります。

そしてそれは人生を豊かにするとは思えないのですし、自分で自分を嫌いになってしまうかもしれません。

一旦は良くなってもまた同じようなことがあると嫌な気持ちになってしまうなら、解決するために早めの転職計画を練ってみるのもいいと思います。

自分の働きやすい環境で、自分の成長力を高められる環境で働いている人、年齢を重ねてよりいい人間になっていくと思います。

いずれにせよ自分自身の人生で、人生は1回限りなのです。

私はこれまでに悔いなく、3度の転職で4社経験しておりますが、今の人生に非常に満足しています。

それは今はわからなくても振り返ったときにわかると思います。

ビーハッピー

良かったら、ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
転職・キャリアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました